about

和田由里子 文字は、ひとつひとつを組み合わせると意味になり、コトバになる。 けれどひとつの文字をじっと見ているとその文字がいったいどんな文字なのかわからなくなる。 時々、違う何かに見えたりもする。 コトバになる前の文字の周囲で起こっていることに、興味がある。 文字や文字にまつわる仕組みを破壊して再生、再構築する実験と繰り返し、ときには創造や破壊のような大それたことではなくちょっと角度を変えて見てみたりちょっと疑ってみたり可能性を探りながら作品を制作している。